経理派遣・紹介なら【経理パートナーズ】

人気キーワード

お電話でのお問い合わせはこちら

2019/10/15 UPDATE

経理パートナーズコラム

柔軟な働き方(H31.3.31)

作者:西岡

先日、弊社に会員登録してきた40代の女性。ハキハキした感じの方で一人経理の経験が豊富。

すぐにどこかに派遣したいと思ったのですが、 その方の希望条件が、「子供(高3)の習い事のサポートがあるので、16:00には終業したい」との事。
未就学児ならともかくそんな大きいお子さんで、習い事の送り迎えが必要なのかと聞いてみたところ、 どうやら競泳の選手のようで、東京オリンピックの日本代表入りを目指しているほどのすごい選手のお母さんだったようです。

それで、その方に前職での生活を聞いてみたところ、
朝は5:00に起き、お子さんの昼食のお弁当を作って送り出し、ご自身は8:00に出社。
16:00に退社して、17:00に帰宅。すぐに夕食のお弁当作りを開始。その後、車でお子さんの高校へ。
21:00に水泳の練習が終わるので、お子さんをピックアップ。
帰りの車の中で、お弁当(夕食)を食べさせる。

そういった生活をもう3年続けているそうですが、来年は大学生になり、恐らく寮に入るので、 それは無くなり、フルタイムで就業できるという事でした。
オリンピック代表選手になるというのは、本人も大変ですが、家族もここまでサポートしなくてはいけないのかと思った次第です。

弊社の登録スタッフの方には、小さいお子さんがいたり、介護しなくてはいけない親御さんがいたり等、上記のような方等、 様々な事情を抱えている方が多いです。 私達はそういった求職者の細かい希望条件を聞き出し、依頼先の企業の要望とマッチングさせるのが仕事なのですが、 正直、なかなかマッチングできない事もあります。 元々、その会社で働いていて、信頼関係が出来ていれば、時短や就業時間の変更は、お互いの話し合いで何とかなる場合もあるかと思いますが、 全くの初対面ということになると、その方の働きぶりがまだ分かりませんし、教えなくてはいけない事も多いので、 いきなりイレギュラーな時間帯での就業は難しいと言われてしまうことも多いです。

今、政府の働き方改革でも、柔軟な働き方が推奨されていますが、理想はともかく、現実はそうなかなかすんなりいかないのが実情です。

しかし、元号も新しくなり、「令和の働き方」として、そういった柔軟な働き方が当たり前の世の中になるように、 微力ながら、尽力していきたいと思います。




無料会員登録

最近見た求人0

検討中の求人0

最近検索した条件0